結婚式の見積もりが上がる理由!費用の項目を知らないと損する!?

結婚 ~ウエディング~
結婚 ~ウエディング~

結婚式の見積もりを厳しくチェックして、コストダウンに成功した筆者です!

結婚式場の見積もりって最終的に100万円くらい上がるって聞くけど本当?金銭面で不安です。

このような結婚式場に不安を抱える人に向けた記事となっています。

本記事の内容
  • 結婚式の見積もりが上がる理由
  • 複数社の見積もり比較は要注意
  • 見積もりでチェックすべき項目

結婚式場探しで新郎新婦が抱える問題の1つに『費用』があります。

最初の見積もり額が安くても、結婚式準備を進めていくうちに100万円も高くなったという声をよく聞きます。

ただし見積もりが上がる理由を理解すれば、費用が跳ね上がることはなくなります。

この記事では見積もりが上がる理由、注意すべき項目をご紹介します。

ゼクシィで結婚式場を探している人必見!
マイナビウエディングで結婚式場を探すと最大15万円もらえます!

結婚式の見積もりが上がる理由

一般的な結婚式で必要となる費用が入っていないことが原因です。

人生でほとんど見ることのない結婚式場の見積書には、どのような項目があればいいか分からない人が多いと思います。

筆者
筆者

人生で一度くらいしか見ないですからね

結婚式場はなるべく安く見せたいため必要最低限の費用で見積もりを提示してきます。

たしかに必要最低限の費用でできないことはないですが、最近の結婚式では当たり前なことや新郎新婦側で用意できるものが含まれていないことがあります。

必要最低限な見積もり例
  • 上映ムービーは無し
  • ドリンクは単品注文
  • 結婚式のスナップ写真は無し
新郎新婦で用意できる例
  • 引き出物
  • 上映ムービー
  • ペーパーアイテム

それに気づかず結婚式場と準備を進めていくと、あれが含まれていない!これが含まれていない!とどんどん費用が上がることになります。

また実際にウェディングアイテムを見ていくと、素敵なドレス・装飾品・演出などに心を奪われ、少しの差額であればという気持ちで費用が上がっていきます。

筆者
筆者

なんやかんや見てしまうと高いものを選んでしまいますね

筆者も見積もりを厳しくチェックしましたが、それでも結婚式準備中にいくつかアイテムを追加しました。

満足のいく結婚式になるよう必要なものは追加、不要なものは無くすなどメリハリをつけて準備しましょう。

複数の見積もり比較に要注意

結婚式場は見学1件目で決めてしまう人もいれば、3件以上見学して決める人もいます。

筆者
筆者

筆者は10件近く見学しました

複数の結婚式場を見学して、見積もり額の安いほうにしようとしている人はご注意ください。

さきほど、結婚式場は必要最低限の費用で見積もりを提示してくるとお伝えしました。

しかし結婚式場によって必要最低限のレベルが違ってきます!

そのためA社の見積もりにある項目がB社の見積もりにないことがよくあります。

またA社の見積もりは飲み放題、B社の見積もりは単品プランということもあります。

筆者
筆者

こっちの結婚式場のほうが安い!となっても結果は高くなることも

見積もりの内訳やレベル感を合わせて比較することをおすすめします!

見積もりでチェックすべき項目

筆者が結婚式準備を経験したうえで、最初の見積もりのときにチェックすべきと考える項目をご紹介します。

見積もりでチェックする項目
  • 料理
  • ドリンク
  • 音響(著作権)
  • レンタル衣装
  • 衣装小物
  • 装花
  • 上映ムービー
  • お色直し後の演出
  • 当日のスナップ写真
  • 前撮り
  • ペーパーアイテム
  • 引出物・プチギフト

それぞれの項目でチェックする内容を見ていきましょう。

料理

お肉料理が鴨肉、豚肉、鶏肉となっているランクの低い料理プランで見積もりされていることがあります。

結婚式で牛肉以外の肉=ケチったと思うひともいるので牛肉があるプランで見積もりしてみましょう。

ドリンク

単品(実数)で見積もりされていることがあります。

見積もり額は安いですが、結婚式当日の飲んだ杯数分が追加費用となります。

お酒を飲むゲストが多い場合、飲み放題プランで見積もりしてみましょう。

音響(著作権)

結婚式で流したい音楽がある場合、著作権の申請が必要となります。

流せる音楽数により見積もりも変わります。10曲あればギリギリ大丈夫だと思うので、10曲のプランで見積もりしてみましょう。

また持ち込むCDはレンタル不可な結婚式場が多いため、CD購入料金も考えておきましょう。

レンタル衣装

見積もりに新婦のウエディングドレス、カラードレスは入っていますが、新郎のお色直しの費用が入っていない場合があります。

新郎のお色直しの費用はタキシードの変更、アイテムの変更のどちらにするかで大きく変わります。

もしお色直しを検討している場合、2~15万円が追加となると考えておきましょう。

衣装小物

見積もりに入っていないことが多いですが新婦に衣装小物は欠かせません。

新婦の衣装小物

  • インナー
  • ティアラ
  • ネックレス
  • イヤリング

5~10万円が追加となると考えておきましょう。

装花

ランクの低いプランで見積もりされていることがあります。
その場合、装花の内容にこれらが含まれているかチェックしましょう。

装花の内容

  • 新郎新婦のテーブル
  • ゲストのテーブル
  • ウェディングドレス用のブーケ
  • カラードレス用のブーケ

また装花を押花やドライフラワーにして記念に残すことになるとプラスで3万円前後かかることも考えておきましょう。

上映ムービー

上映ムービーは自作して持ち込むことが可能なため、見積もりに入っていない場合があります。

上映ムービーの種類

  • オープニングムービー
  • プロフィールムービー
  • エンディングムービー

もし結婚式場で作ってもらう場合、1本5万円かかります。エンディングムービーを結婚式当日の様子を動画にしたものにしたい場合、なんと15万円くらいかかります。

またムービーを持ち込む場合、持込料がかかることがありますのでご注意ください。

お色直し後の演出

お色直し後にキャンドルサービスなどの演出をしたい場合、追加で費用が発生します。

見積もりに入っていないことが多いので、希望する場合は数万円が追加となると考えておきましょう。

当日のスナップ写真

当日カメラマンが挙式や披露宴を撮影したり、動画撮影したりすると追加で費用が発生します。

結婚式場によっては外部カメラマン禁止の場合があり、結婚式場のカメラマンに頼むと10万円以上かかります。

見積もりに入っていないことが多いので、必要な場合は見積もりに入れておきましょう。

前撮り

見積もりによっては入っていなかったり、チャペルのみの撮影だったりします。

ウェディングドレスを着て結婚式場周辺で前撮りしたい場合、結婚式場に頼むと10万円以上かかります。

ウェルカムボードやペーパーアイテムで前撮り写真を使いたい場合、見積もりに入れておきましょう。

ペーパーアイテム

外部業者に依頼することも多いので、見積もりに入っていないことも多いです。

ペーパーアイテムとしてはこれらを準備することになります。

用意するペーパーアイテム

  • 招待状
  • 席次表
  • メニュー表
  • 席札

結婚式場に頼むと人数によりますが数万円が追加となると考えておきましょう。

引出物・プチギフト

持ち込み可能な結婚式場もあるため、見積もりに入っていないことがあります。

引出物は1人4,000円、プチギフトは1人300円くらいかかります。

人数によりますが数十万円が追加となると考えておきましょう。

まとめ ~結婚式の見積もりが上がる理由!費用の項目を知らないと損する!?~

結婚式の見積もりが上がる理由としては、必要最低限の費用で見積もりを提示してくるため、だいたいの結婚式で必要となる費用が入っていないことがあります。

そのため結婚式場から見積もりをもらったときはこちらの項目が必要最低限となっていないかチェックしましょう。

見積もりでチェックする項目
  • 料理
  • ドリンク
  • 音響(著作権)
  • レンタル衣装
  • 衣装小物
  • 装花
  • 上映ムービー
  • お色直し後の演出
  • 当日のスナップ写真
  • 前撮り
  • ペーパーアイテム
  • 引出物・プチギフト

もし結婚式場を探していて結婚式費用に不安がある方は、ぜひマイナビウエディングでブライダルフェアを予約して成約することをおすすめします。

マイナビウエディングを経由するとキャンペーンで最大15万円がもらえます!

ぜひマイナビウェディング公式サイトを確認してみてください。

またマイナビウエディングを含め、お得に結婚式場選びをしたい人はぜひこちらの記事も読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました